カンボジア&ベトナム一人旅:準備〜シェムリアップ到着

カンボジア&ベトナム一人旅:準備〜シェムリアップ到着

先日長い休みが取れたので、カンボジアとベトナムで一人旅をしてきました。

ほとんど海外旅行の経験がない私、今までだったら旅行といえば沖縄でスキューバダイビングでした。喘息治療中の身ですので、残念ながら今回は断念。
体調が万全ではないためあまり遠くない国で無理しないでのんびりな旅にしようと考え、カンボジアのシェムリップでアンコール・ワット遺跡を見学、その後ベトナムで雑貨&グルメを満喫することにしました。

往路(日本からカンボジア・シェムリアップ)と復路(ベトナム・ホーチミンから日本)と国内移動の飛行機チケット、最初の目的地であるシェムリアップのホテルだけ予約して、あとは行き当たりばったりな旅行です。

旅の準備

パスポートとビザ

まずはパスポート。
ベトナムは滞在期間15日以内でしたらビザは不要ですが、カンボジアではビザが必要です。私はシェムリアップの空港でアライバルビザを申請しました。(申請には顔写真が必要になります。)
もちろん入国前の申請も可能で、ネットから申し込みすることもができます。(カンボジア外務省公式のe-Visa申請サイト

ガイドブック

ガイドブックは色々検討した結果、定番の「地球の歩き方」を持って行きました。
「アンコール・ワットとカンボジア」「ベトナム」の2冊を購入しました。急に決まった旅だったので下調べもあまりしておらず、飛行機の中で旅の計画を立てるのに役立ちました。重かったけれど内容が充実していて、移動中の読み物としてもボリュームがあり楽しめました。電子書籍でも良かったかもしれないです。
私はシェムリアップからプノンペンに移動したのですが、プノンペンについて記載のあるカンボジアのガイドブックは本屋でざっと見たところ「地球の歩き方」だけでした。プノンペンはあまりメジャーな観光地ではないのかな?


あとは現地でもらった無料の観光マップも大活躍でした!シェムリアップとホーチミンは日本語の観光マップもあり、とても助かりました。

海外WiFiレンタル

価格コムでアジア周遊パックが一番安かったjetfiという会社でレンタルしました。
端末がちょっと大きめで重かったですが(複数国対応端末だから?)、充電の持ちはまあまあ良かったです。

バックパック

今回ギリギリまで悩んだのですが、スーツケースではなく40Lのバックパックで旅行しました。カリマーのリッジ、私は背が低いので背面長42cmのtype1を購入しました。(type2は背面長47cm、type3は50cm)地味な色が良かったのでInk(インク)という紺色っぽいカラーにしましたが、付属のレインカバーは各色共通の水色です。今後は登山にも使う予定!

スーツケースにしなかったのは、カンボジアからベトナムの移動はバスを予定しており、大きいスーツケースを持って動きたくないなあと思ったからです。
着替えは4日分ぐらいしか持っていきませんでしたが、ホテルや街のランドリーサービスを利用したため、困ることはありませんでした。
行きの時点でバックパックの1/4が空いているぐらい、サブバックとしてTIMBUK2のメッセンジャーバックを持って行きました。こちらはおそらく、クラシックメッセンジャーMサイズだと思います。
結局小さめの船にも乗ることになり大きいスーツケースでなくて良かったですが、小柄で筋力がないのでバックパックを背負っての移動は体力的にきつかったです。背中は汗びっしょりになるし…。40〜50Lぐらいのスーツケースにすれば良かったかな。

胃薬や整腸剤、普段飲んでいる薬は多めに持参しました。
自分の病名(喘息とアトピー性皮膚炎)と飲んでいる薬の名前を英語で書いたメモ、日本語の通じる病院の住所も事前に調べておきました。

カンボジア1日目:シェムリアップに到着

成田空港からハノイ経由夕方着の飛行機でシェムリアップ国際空港に到着しました。
カンボジア旅行はビザが必要なのですが、私は日本で申請せず空港でアライバルビザを取得しました。空港職員がのんびりムードで時間はかかりましたが、無事にビザを取得。シェムリアップ国際空港

宿泊するホテルに送迎を頼んでおき、ホテルのあるオールドマーケット近くまでトゥクトゥクで移動しました。
カンボジアはやはり蒸し暑い!でもトゥクトゥクで走ると、風が気持ちよかったです。トゥクトゥク

18:30頃、ホテルにチェックイン。
安いホテルでしたが従業員が親切で、オールドマーケットやパブストリートにも近く、とても便利でした。
英語ができない私の話も一生懸命聞いてくれて、とてもフレンドリー。
いい加減な面もあるけど、それもまたアジアっぽくてよし(笑)
もしまた一人でシェムリアップに行くことがあったら、ここに泊まってもいいな。ホテル

夜はオールドマーケットやパブストリートを散策してきました。平日にもかかわらず沢山の人がいます。屋台で飲んだマンゴージュースが美味しかった!
ここは毎晩夜中過ぎまで賑わっていました。パブストリート

オールドマーケットの外れもかかわらずに賑わっている食堂があったので、そこで晩御飯にしました。海老のフライドヌードルとアンコールビールです。晩ごはん

写真が下手でイマイチに見えますが、美味しくて安くメニューも多かったので、旅行中に再度訪れました。
ビールが0.5ドルだなんて最高!
一人じゃなければ、もっと色々なメニューを頼みたかったなあ…。